23/05/2024
Breaking News

定時で帰れるように今できること

看護師という仕事は、突発的な対応も多いため、どうしても残業が多くなるという性質があります。しかし、残業があるのが当たり前という風潮が職場にできあがってしまっているのも問題です。なかには、特に急を要する用事もないのに、多くの看護師がだらだら残業している職場もあるのではないでしょうか。そこで、なるべく定時で帰れるようにするために、看護師ができることを考えてみましょう。

まず、なるべく残業せずに定時で帰りたいなら、そうしている先輩を見つけて見習うことです。いつもテキパキと働いていて、その日やるべきことは勤務時間中に終わらせているという先輩はいませんか。もしいるならその先輩をよく観察し、どんなふうに日常仕事をしているのか探ってみましょう。自分でも取り入れられそうなところはぜひ取り入れてみてください。業務効率がアップして、定時で帰れる日が多くなります。

あと、自分だけでなく、周りの看護師とも協力することが大切です。看護師はチームプレーの部分が大きいため、自分一人頑張って定時で帰ろうとしても、ほかの人の業務が終わっていないと残業せざるを得なくなってしまいます。まずは気の置けない同僚から残業を減らすための意識づけを行って、定時で帰るために互いに協力できるような状況を作ってみてはいかがでしょうか。

どんなに努力しても、それでも毎日残業ばかりで一向に定時で帰れないというのなら、職場環境を変えることも検討してみるべきです。今が病棟勤務なら、たとえば検診センターに転職すれば、定時で帰れる日が多くなるのは確実でしょう。